消化と代謝に欠かせないのが酵素なんです!

人間は食べ物を食べたら必ずそれを分解して消化しなければ栄養として吸収することはできません。

その消化の過程で絶対に欠かせないものが「消化酵素」です。

消化された栄養分は体内に吸収され、身体を作っていきます。この過程を代謝と呼びますが、この代謝に欠かせないものが「維持酵素」です。

消化と代謝という人が生きていく上で不可欠な2つの過程が酵素の働きによって成り立っているのです。

体内で酵素が不足すると・・・

では、体内で酵素が不足するとどうるなってしまうのでしょうか?

酵素が不足すると、消化不良が起こったり、体内の代謝がうまく行かずに毒素が蓄積されることがあります。

つまり、我々人間の身体の働きはすべて酵素の働きによって営まれているのです。

たとえば、生きるために絶対に必要な心臓の活動も、呼吸も手足を動かすことなども酵素なしでは成り立ちません。

人間は年齢を重ねるごとに新陳代謝が悪くなり、ついには全く止まってしまいます。

この新陳代謝に必要なののがさきほどの「維持酵素」なのです。

維持酵素なしでは、細胞が分裂して新たな細胞に生まれ変わることができません。

人間の寿命=酵素の蓄えがある期間

人間の命は永遠ではありません。誰でも寿命があります。

この寿命の期間は酵素の蓄えがある期間のことを差しています。

こう言うと、酵素がいかに重要かを実感できると思います。「寿命=酵素の蓄えがある期間」です。

これほど人間にとって重要な酵素は、体内にある酵素の原料とも言うべき「潜在酵素」からできています。

元々、人間は食物から得た酵素を「潜在酵素」と引き合わせることにより、人体に欠かせない「消化酵素」と「維持酵素」を生み出してきました。

しかし、現代は食生活が変わり、酵素を多く含んだ野菜を摂取する機会が減少しています。

さらに、様々な食品添加物や水道水に含まれる塩素などの化学物質によって体内の酵素が破壊されてしまっているため、現代人はどんどん酵素不足になっているのです。

そこで、酵素ドリンクの出番です。

酵素ドリンクを毎日飲む習慣を作れば、酵素不足にならずに済み、より健康的に生活できますし、置き換えダイエットとして使えば、健康的に痩せることもできます。

このように説明すると、酵素ドリンクを飲めば体内の酵素量が増えるように感じるかもしれませんが、実は酵素ドリンクには酵素はほとんど入っていません。

では、なぜ酵素ドリンクを飲むのか?

それは、酵素ドリンクには酵素はほとんど入ってない理由で説明します。