酵素ドリンクは無添加がいいのではなく、無添加じゃないとダメなんです!

酵素ドリンクダイエットのブームで様々な酵素ドリンクが出ていますが、完全無添加の酵素ドリンクって意外と少ないのが現状です。

そもそも、自分が購入した酵素ドリンクに添加物が入っているかどうかなんて気にしない利用者もたくさんいると思われます。

では、なぜ酵素ドリンクは無添加がいいのでしょうか?

それは、体内酵素は石油製品などの添加物によって破壊されるので、酵素ドリンクに添加物が入っていること自体が矛盾していると考えられるからです。

酵素は添加物によって破壊されるのに、酵素ドリンクに添加物が入っていたら意味がないですよね?

さらに、添加物を体外に排除するには、酵素が必要になります。

その酵素に添加物が入っていたら、ムダに酵素が使われてしまうことになります。

体内酵素を増やすために酵素ドリンクを飲むのですから、酵素ドリンクは無添加の方がいいという話ではなくて、完全無添加じゃないとダメなのです!

完全無添加の酵素ドリンクってあるの?

では、完全無添加の酵素ドリンクってあるのでしょうか?

あります!たとえば、優光泉(ゆうこうせん)の酵素ドリンクは保存料や着色料、香料、安定剤などは全く入っていない完全無添加の酵素ドリンクです。

ですから、小さな子供からお年寄りまで安心して飲むことができますし、妊娠中や授乳中の女性も安心して飲むことができます。

そういう意味では、産後ダイエットにも最適なアイテムですね。

さらに、優光泉(ゆうこうせん)の酵素ドリンクは水や各種液糖などで一切薄めていない「原液100%」です。

野菜本来の甘みを活かして作っているので、人口甘味料はもちろん砂糖やハチミツなどを使った味付けも一切していません。

では、どうやって無添加かどうかを判断すればいいのでしょうか?

それは酵素ドリンクを選ぶ時の注意点で説明します。