原材料の欄を見れば、無添加かどうかが分かります!

酵素ドリンクに限らず、どんな商品でもそうですが、商品を販売するには必ず原材料を記載しないといけません。法律でそのように決まっています。

なので、その商品がどういった商品なのか、その商品の中には何が入っているのかを簡単に知るには原材料の欄を見ればいいのです。

原材料の欄を見れば、何が入っているのか一発で分かります。

たとえば、原材料の欄に「○○糖液」などと書かれていたら、その酵素ドリンクは酵素のエキスを糖液で薄めたものになります。酵素100%ではないということです。

酵素ドリンクの中には糖液で酵素エキスを何十倍にも薄めたものもあるので注意が必要です。当然、100%酵素よりも高カロリーになりますし、それ以前に健康ではありません。

また、酵素商品は法律で何パーセント以上の酵素エキスが配合されていなければいけないという決まりが一切ありません。

そのため、極端な話ですが、酵素エキスをほんの数パーセント入れるだけで酵素商品として販売できてしまうのです。

原材料の欄に「酵素エキス」と書いてあり、その後ろにカッコで「各種材料名」と表記されている場合も100%酵素ではありません。

保存料や安定剤、香料、着色料を使用している場合も

酵素は発酵食品なので常温でも腐ることはありませんが、酵素ドリンクの中には腐らないようにする為に保存料などが入っている場合もあります。

さらに、なぜか安定剤を加えている商品もあります。

味を飲みやすく美味しいものにするために、香料を使用したり、着色料が入っているものもあります。

一方、原材料の欄に純粋に野菜や果物、野草などの原材料名のみが書いてある酵素ドリンクは、その材料そのものから抽出した酵素100%エキスということになります。

さらに、低カロリーな酵素ドリンクを飲みたいなら抽出法もチェックするといいでしょう。